作り方(醸造)

1、洗米

洗米機には水流式洗米機を用いている。
これは水流式だとお米にやさしく、ダメージを与えにくい特性があり、
米ぬかだけを落としお米の栄養分を残す。
このことが白酒(しろざけ)にとって重要である。
白酒(しろざけ)米測り
白酒(しろざけ)米洗い機

白酒(しろざけ)米洗い後

2、蒸米

昔ながらの方式でむしおけ(木製)を使用し、釜からの水蒸気により蒸しあげる。
むしおけは木製のためステンレス製とは違い、米の隅々または全体を均等に
蒸しあげることが出来るため、白酒(しろざけ)にとって重要である。
白酒(しろざけ)仕込み蒸し米

3、麹

白酒(しろざけ)は清酒とは違うため麹の用途も若干違う。
清酒は搾ることにより、お酒と粕に分けるが、白酒(しろざけ)は、原料すべてを含むため、
清酒とは違う方法で麹をつくります。

4、仕込み

仕込みはもち米、麹、醸造用アルコールを用い、
温度調整をしながら仕込みます。
白酒(しろざけ)瓶詰め前作業

5、3週間の熟成期間

約3週間温度調整による充分な糖化作業を行い、
熟成後、アルコール添加をします。
タンクに仕込んだ白酒

6、石臼での溶かし作業

きめの細かい白酒(しろざけ)を造るため、石臼は、粗石と細目石を使い、
2度引きによる二段階工程により溶かしていきます。
粗めの白酒擂り
最初の粗目の白酒擦り
細目の白酒擂り
最後の細目の白酒擦り
白酒(しろざけ)擦る作業

7、熟成

溶かされた白酒(しろざけ)は香りが一段と増すため、落ち着かせるためと
より甘みを醸し出すために、さらに約1~2週間の熟成を行います。

8、瓶詰め作業

瓶詰めされる前に、秘伝の方法により香り甘みを持続させ、
一つ一つ手作業により、丹精につめていきます。
白酒(しろざけ)瓶詰される

白酒(しろざけ)瓶詰

9、デッテル張りと箱入れ

デッテルも一つ一つ手作業で、のりを使って張りつけます。
そして、製造年月日のシールを貼られて、箱入れされます。

10、出荷

こうして白酒(しろざけ)ができあがり、お客様である皆様のもとへお届けされます。

【もち米の収穫場所】
白酒(しろざけ)の主原料は、清流山国川の雨域奇勝耶馬溪の浄地にできるもち米を用いています。